紫外線によって日焼けが起きる理由

日焼けが紫外線によって起こるということをご存知の方は多いと思います。紫外線とは目に見えない存在ですが、果たしてどういったものなのでしょう。紫外線とはA波、B波、C波の三つがあり、太陽の光と共に地球上に降り注いでいるものです。窓ガラス越しに太陽光を浴びた場合、紫外線A波のような強い波長は簡単に到達します。

車の中にいる時でも日焼けをしてしまうという場合は、主に紫外線A波が原因になっています。一方、紫外線B波はオゾン層で遮られますし、雲が多い日や、雨の日は減衰します。天候によって照射量が変わる紫外線量とは、この紫外線B波です。C波はオゾン層を通過できないため地上まで到達することはまずありえないと考えてよいでしょう。紫外線A波は、透明な窓ガラス程度なら通過するので、お肌にはたくさん浴びることになりますが、それでもB波ほどの日焼け効果はないといいます。日中、活動をしている時は、絶えず紫外線A波が肌に影響を及ぼしているといえますので、紫外線予防が重要になります。長時間、紫外線をお肌に浴びていると、肌が黒く日焼けするだけでなく、皮膚が老化しやすくなって、しみやくすみが目立つようになります。紫外線の影響を肌が受けすぎないようにするために、皮膚はメラニン色素を生成して対抗します。小麦色に焼けた肌は健康的な印象を人に与えますが、美容という観点から考えるとお肌にとってはいいこととではないので、対策が必要です。
http://brooksrecruitment.com