紫外線の量と日焼けの関係について

家の中にいながら日焼けをする理由は、紫外線の一つである紫外線A波が、窓ガラス等を通り抜ける光線だからです。紫外線の中でもB波はA波ほど強い紫外線ではありませんが、地上まで届いていることは間違いないので対策が必要です。紫外線の量は年間で差がありますが、中でも多い時期は5月から9月までです。夏真っ盛りに紫外線が強いのはわかりますが、5月はまだ涼しい日もありますので、紫外線予防がないがしろになりがちです。

気候のよい5月は、袖や丈の短い服装に変わる時期でもあるので、紫外線の対策を忘れないようにしましょう。気温が高いと発汗が促進されることも、夏の特徴といえます。汗をかくと、日焼け止めクリームが流れてしまいかねないため、まめに汗を拭いたり、クリームをつけ直すことです。日焼け止めは、紫外線防御指数と呼ばれるSPF値の高いものが、より紫外線の対策効果も高くなりますが、使い方を考えなければなりません。効果的に紫外線を予防したい場合は、SPF値の高いものを使うのではなく、SPF値の低いものを、ちょくちょく塗り直すようにしたほうがいいようです。また、おでこや鼻の頭など、紫外線が直接当たっている場所は日焼けに弱いので、極力塗り直すようにするといいでしょう。紫外線量は1日の中でも変化するものであり、一番多い時間は、10時から14時と言われています。日焼けをしている季節は夏だけではありませんので、1年間ずっと、紫外線予防が重要になります。
http://deperebusiness.com