同じ紫外線でも日焼けに差が出る原因

なぜ、同じ環境で同じ量の紫外線を浴びていても、ひどい日焼けをする人と、そうでもない人がいるのでしょう。日焼けをする原因になった紫外線の浴び方は一緒なのに、あまり日焼けをしない人、極端に日焼けをしている人とがいます。真っ赤になってヒリヒリしてしまう人もいれば、すぐに黒くなってしまう人もいます。どんな日焼けをするかは、個人差があることは知られています。なぜ、人によって日焼けの症状が違うのは、紫外線から肌をガードするためのメラニン色素の違いです。

紫外線による肌の変化は、紫外線A波がもたらす肌を黒くするサンタンと、紫外線B波がもたらす肌の炎症の要因になるサンバーンがあります。紫外線A波を皮膚に照射すると、肌は紫外線の影響から細胞を守るために、メラニン色素を生成します。このメラニン色素をつくるためのメラノサイトの機能に個人差があります。メラニン色素の生成量が多ければ、それだけ肌が紫外線から守られていることになりますので、光老化の抑制になります。一方、日焼けしにくい人というのは、紫外線を吸収するメラニン量が少なく、日に当たると炎症を起こしやい肌の持ち主です。太陽光を浴びるとすぐ肌が炎症を起こす人は、肌細胞が紫外線で破壊されやすい状態です。人によっては、紫外線を浴びても皮膚の状態が変わっていないというふうに見えることがあります。もしも、日焼けをしても肌の色があまりかわっていなければ、紫外線の影響が実は細胞に現れていることがあります。
http://chistesxd.com